• ホーム
  • ニキビで病院へ行ったら生活習慣も見直そう

ニキビで病院へ行ったら生活習慣も見直そう

2020年03月31日

ニキビは皮脂の出すぎや洗顔等が上手くできていないから、発生してしまうようなイメージもあります。実際は生活習慣も大いに関係があるので、ニキビができて困ってしまったときには原因を探って、自分の心身の状態を把握するところから改善を始めていきましょう。特に食生活ですが、栄養バランスが取れていないとできやすいので注意したいところです。肉や魚、野菜をバランスよく好き嫌いなく食べるのは当然ですが、ファストフードやインスタント食品、菓子類などを食べる機会が多くあるなら意識して減らしていきましょう。コーヒーやアルコールも摂取してはいけないとは言いませんが、がぶ飲みしているようだと当然ながら発生しやすい原因となります。偏った食生活はもってのほかなので、日々の食事を見直して頑張っていろんなものを食べられるように意識してください。また、現代人は忙しい人が多いですが、睡眠不足も実はニキビの発生に関与しています。夜更かしをしたら翌日できやすいと思っているのであれば、眠る時間を確保できるように心がけたいものです。しっかり睡眠を取ることで心身が回復し、肌のターンオーバーが促されて綺麗な状態を保つことができます。ニキビ予防だけではなくて、治療のためにも睡眠は大事なのだと肝に銘じておきましょう。化粧も女性なら身だしなみの一環でしなくてはいけないので大変ですが、できればニキビができている部位はファンデーションなどを避けたり、またはお休みをするようにしてみてください。そして一日が終わった後は汚れた状態でもあるので、必ず化粧を確実に落として洗顔を行い、清潔な肌状態にして保湿をしてから良い睡眠を取れるようにしてみましょう。化粧だけではなく髪のセットも悩ましいところですが、肌に触れることで雑菌の繁殖を促してニキビができやすくなったりします。おでこに髪がかかったり、こめかみ周辺にできやすいなと思うときにはセットの仕方を見直して、肌を風通しの良い状態にすることで改善できます。これまでの生活習慣をすぐに変えるというのはなかなか難しいですが、長年積み重ねてきた習慣がニキビを作る土台となってしまっています。早めに気がつければその分改善をすることができますから、特に食生活が乱れがちな方は気をつけてみてください。野菜や果物などが不足しがちな方も多いですし、好きなものだけを食べているとなると発生しやすいです。病院でもニキビ改善のための生活習慣のアドバイスももらえるので相談して治療に努めましょう。