• ホーム
  • 対ニキビには症状に応じた医薬品を

対ニキビには症状に応じた医薬品を

2019年11月03日
顔を洗っている女性

ニキビを治そうと思ったら、自分のニキビの状態に合わせたニキビ治療薬を使いましょう。
皮膚科で診察してもらうことができればよいのですが、忙しくて病院に行けないということもあるでしょう。
そんなときには通販でも肌に優しい使いやすいニキビ治療薬を購入することができるので、積極的に取り入れて改善に役立てることができます。
とにかくニキビだけを治すということを目的に使うのであれば、クリアウィンがあります。
炎症を起こしたニキビの治療をするのに特化していて、状態が進行していて、赤く膨れたような膿の溜まったときの治療に効果が期待できます。
抗菌や美白などの効能もありますので、治療後の色素沈着予防にも使えます。
クリアウィンはじっくりと約4週間は使い続けることで、だんだんと症状が軽減されていきます。
レチノAクリームは1960年代から治療に使われ続けているトレチノインを配合しているターンオーバーを促してニキビを治していくために使うタイプで、ニキビの数を減らしたり増やさないようにしたりする効果があるとされています。
シミやシワに対しても有効なので、ほかにも肌悩みがあるというときにも使いやすいのがレチノAクリームの便利なところと言えます。
紫外線の影響を受けやすい部分がありますので、レチノAクリームをメインとして治療を行うときには、日焼け止めを塗ったりするなどの紫外線対策も併せて行いましょう。
そしてスキノレンクリームは、炎症を抑えるだけではなくてターンオーバーの促進にも効果があり、さらに美白効果もあるのでいろんな肌悩みを抱えているときにも総合的な力があるニキビ治療薬といえます。
スキノレンクリームは肌にも優しいですしクリアウィンとの併用も可能なので、治療効率を高めて少しでも早く症状を緩和させ治していきたいと思うのであれば、通販を利用してまとめて購入しておくと良いでしょう。
どちらとも約4週間は継続して使うことが推奨されていますので、気長に丁寧に治療を続けていくことが大切です。
皮膚科でも治療が当たり前になりつつある時代ですが、それでも思ったような日時で病院に行ける方ばかりではありません。
上手く自身のニキビの状態に合わせた治療薬を選ぶことで、適切な治療をしていくことができるので、自分の肌に対応しているものを選ぶようにしましょう。
上記で紹介したトレチノインの元であるレチノイン酸は通販で購入可能なため、ニキビ跡が気になる方は入手を検討してみると良いでしょう。